Press "Enter" to skip to content

AGA検査の「種類」「費用」まとめ。「自宅キット」は意味がない?

自分がAGAになりやすい体質であるかや、AGAの治療薬として処方される内服薬が効きやすい体質であるかどうかは、AGA検査で知ることが出来ます。
この検査の種類には病院で行われるものと、自宅に郵送されるキットで行うものがあります。
自宅に郵送されるキットの費用は税抜きで、およそ一万二千円ぐらいで済みます。
しかし、自宅に郵送されるキットで行う検査と病院で行われる検査の一番の違いは、検査結果だけでは現時点で自分がAGAを発症しているかどうかが分からないということです。
病院で行われる場合は、もちろん来院した患者さんに検査と同時に診察も行いますので、診察を受けた時点でAGAに発症しているかどうかも分かりますが、自宅に郵送されるキットでは分からないのです。
自宅に郵送されるキットの費用は、あくまでもこれからAGAになったときに治療方針を決めるための判断材料として負担するものと捉えているのであれば問題ありませんが、自分が現時点でAGAを発症しているのが分からないのであれば、およそ一万二千円ぐらいの費用は高いと感じるのであれば、病院で検査を受けた方が良いことになります。
病院で検査を受ける場合は、現時点で自分がAGAであるかどうかの診察も受けることになるので、当然自宅キットで行う場合よりは、割高になります。
税向きでも二万円以上の費用がかかりますが、診察を受けた時点で、すでに薄毛の症状が現れている場合は、希望に応じて治療を施してくれるので、早目の対応が可能になります。
また、治療にかかる費用は当然別料金となり、そこで別途発生する費用は症状に応じて違ってきます。
この時点で治療薬が効きやすい体質であるかどうかが分かっていれば、より効率的な治療を施すことができるようになります。
また発生する費用は皮膚科などの一般的な病院で診察を受けた場合と、薄毛の症状を専門に診察しているクリニックで診察を受けた場合では、違ってきます。AGA治療ができる横浜のクリニックを確認して、自分にあった病院を探しましょう。